会社員におすすめのネット副業とは!?~2021年版~ 株式会社ポイント、youpick(ユピック)

初心者にオススメの副業に挑戦するなら、口コミ評判高い株式会社POINTのユピック(youpick)も利用すべき!?特定商取引法に基づくクーリングオフのやり方を解説!

副業が認められつつある現代において、時間と場所を選ばないネットビジネスが注目されています。
もし副業に挑戦するなら、株式会社POINTのユピック(youpick)を利用することをオススメします。
ユピック(youpick)は、すでに副業を実践中の方もオススメ出来るサービスで、口コミでも評判高いです。
実際にユピック(youpick)を利用した方からは様々な場面で役立てたとし、今後も使い続けたいという口コミが寄せられており人気があります。

さて、ネットビジネスを始める際に押さえておきたい特定商取引法という法律をご存じでしょうか。
事業者を守るルールでもあり、消費者を守るルールでもあります。その消費者を守るルールの中にクーリングオフという商品購入後、一定期間内であれば解約ができる制度があります。

実際にクーリングオフを使ったことがある人は多くないと思います。ここではどのような流れになるか説明します。
まず大事なのは、その商品がクーリングオフ制度を適用できる商品かどうかを確認します。
なんでも適用できるものではなく、訪問販売や電話販売などの急に取引を持ち掛けられる場合のみです。
特に勘違いしやすいのは、クーリングオフ=返品と解釈していることです。ネット通販などでは、返品を拒否されてもクーリングオフを拒否しているわけではないので違反にはなりません。返品を拒否されたからと言って詐欺者呼ばわりしたり、悪質な口コミをしないようにしてください。

基本的に詐欺に使われやすい不意打ち系の取引がクーリングオフの対象です。例えば、洋服を買い取りますと言って、家を訪ねて、家の中を物色され貴金属を安く売らされてしまう詐欺などは、クーリングオフ制度の対象なので売買金を返金し、気帰属が返品されます。
取引形態によってクーリングオフ制度の適用期間は異なるので、確認しておく必要があります。
消費者は、不安だなと思った時は、その事業者の口コミなどを調べると詐欺かどうかわかるかもしれません。
事業者は、クリーリングオフ制度を含む特定商取引法に基づく表示を明示する必要がありますので、他の他のサイトや口コミを確認してわかりやすい場所に設置すると信用を得られやすいと言われています。特に副業を始めたばかりの人にとっては有効な手段です。

そして、手続きに入りますが、電話やメールを使った手続きはオススメしません。自分を守るためにもいつ、誰が、誰に、どのような内容を相手に伝えたかを記録に残すためにも、書面で内容証明や簡易書留を使って証拠を作ることをオススメします。後に返金トラブルになったときに役に立ちます。

手続きを申し出たら、返金されるのを待ちます。この時、なかなか返金されないこともあり、その間、手続き処理中なのか放置されているのか状況がわからなくなるので、返金の希望日を伝えることをオススメします。
事業者の方は、消費者の信頼を得るためにもしっかり勉強して対応しましょう。

このように副業は様々な場面で苦労することが多いと言われていますので、これを機会に株式会社POINTのユピック(youpick)を利用してみてはいかがでしょうか。